<   2015年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

日向敏文『夏の猫(CHAT D'ETE)』

専門学校で偶然席が前後になった友人から、『サラの犯罪』というアルバムをカセットテープで聴かせてもらったのはもう28年前のことだ。たまたま彼とは、坂本龍一の『音楽図鑑』とメセニーの『ファーストサークル』が好きだということで音楽の趣味が一致していて、「であればこういうのも好きなはず」みたいな感じで聴かせてくれたのだと思う。日向敏文のデビューアルバムである『サラの犯罪』は、それまで全く聴いたこともない、ゆるやかで、淡々としていて、荒涼としていて、かといって無機質ではなく、厚みがあり、存在感があるのにふっと居なくなってしまうような音楽、東洋的でも欧米的でもないどこか異国の音楽、静的なリズムとストーリーがあり、目の前に景色が広がる音ーーー少し言い換えると写真を音楽にしたようなーーー
その後、日向の初期の数作品は自分にとってかけがえのない存在となった。まさに一生モノ。ことあるごとに聴き続けている。

そして『サラの犯罪』を聴かせてくれたその古い友人が、先週不慮の事故で亡くなってしまった。彼とは4つぐらいの会社で一緒に働いたことがあり、設計の仕事からCGへ転身したところまで似ていて、不思議な縁をずっと感じていた。縁があると思っていたのに突然死んでしまったので、どういうことなのだろう? とちょっと考えてしまっている。

先月、何故か急に思い立って日向のセカンドアルバム『夏の猫』を中古で購入していた。(この頃の作品は全部廃盤なので、中古でもいい値段する)
『夏の猫』は昔、その友人から「サラの犯罪ほどじゃないけど、こっちもいいよ」と言われていた。なのに28年間ちゃんと聴いてなかった。初期5作品の中でこれだけ家にCDが無くずっと気持ち悪かったのは確かで、夏の猫を買ったときは最後のピースがはまって安心したような気分になっていた。(もちろん内容も素晴らしい。)

今になって思えば、これが最後の縁だったのかもしれない。
友人が安らかに眠れるよう、この音楽で静かに見送りたいと思う。。
c0103149_17182498.jpg

by cubicjams | 2015-04-28 17:18 | オンガク