みつろう

最近の出来事

先日、敬愛するミュージシャンの深町純が亡くなった。
日本が誇る偉大なシンセサイザープレイヤーでもある。
深町さんのプレイは官能的かつ情熱的で、知性があり変態でもあり、、
なんだかたまに無性に聴きたくなる「毒性」を持っていた。ジャズやフュージョンという
西洋ベースのジャンルの音楽でありながら、日本人独特の情緒が感じられるのも深町さんの不思議な魅力だった。
その不思議な表現力を、今まで何曲もコピーさせてもらいながら、学ばせてもらった。

数年前、初めて生のライブを見た。
とても人間的で、素晴らしい音楽家だと思った。
意を決して、「KEEPの頃からの大ファンです・・・」と言って、握手をしてもらった。
握手してもらって、よかった。
この日のことは、昔のブログにも書いたっけ。
http://mozooinc.exblog.jp/6199331/
64歳、早すぎだと思う。
ライブをもう一度見に行かなかったことを、一生後悔しそうだ。
ご冥福をお祈りします。


--

さて、自宅のほうは無事に役所の検査も終了しました。
あとは外構の工事が少しだけ。
引越しの準備も大変なのですが、自分たちには「床のワックス塗り」の仕事が残っています。
床は全て無塗装の無垢材なのですが、さすがにこのままでは汚れてしまうので、「みつろう」という油を塗ります。

c0103149_0258.jpg





予算の関係で、自分たちで塗ることになっているのです。
引越しまでには終わらせないと。

c0103149_022450.jpg

右が塗る前。左が塗った後。
みつろうを塗ると、無垢の杉板が艶やかになって、スベスベしてきます。
塗ってると少しだけ燻製っぽい匂いがして、
木の匂いと相まって、まさに天然~という感じがしてきます。


しかしこの「みつろう」塗り、実際やってみると相当な重労働であります。。
床は全部で150㎡ぐらい。なにしろ全ての床がこれなもんで。
今日まででやっと半分ぐらい終わりましたが、途方もない面積です。

あさってが引き渡しなのに、、、

っていうか自分の家の引渡しに自分の作業が間に合わないってどういうことでしょう。

by cubicjams | 2010-12-06 00:08 |  

<< 謹賀新年2011 & 自宅落成 外壁お目見え >>