日向敏文『夏の猫(CHAT D'ETE)』

専門学校で偶然席が前後になった友人から、『サラの犯罪』というアルバムをカセットテープで聴かせてもらったのはもう28年前のことだ。たまたま彼とは、坂本龍一の『音楽図鑑』とメセニーの『ファーストサークル』が好きだということで音楽の趣味が一致していて、「であればこういうのも好きなはず」みたいな感じで聴かせてくれたのだと思う。日向敏文のデビューアルバムである『サラの犯罪』は、それまで全く聴いたこともない、ゆるやかで、淡々としていて、荒涼としていて、かといって無機質ではなく、厚みがあり、存在感があるのにふっと居なくなってしまうような音楽、東洋的でも欧米的でもないどこか異国の音楽、静的なリズムとストーリーがあり、目の前に景色が広がる音ーーー少し言い換えると写真を音楽にしたようなーーー
その後、日向の初期の数作品は自分にとってかけがえのない存在となった。まさに一生モノ。ことあるごとに聴き続けている。

そして『サラの犯罪』を聴かせてくれたその古い友人が、先週不慮の事故で亡くなってしまった。彼とは4つぐらいの会社で一緒に働いたことがあり、設計の仕事からCGへ転身したところまで似ていて、不思議な縁をずっと感じていた。縁があると思っていたのに突然死んでしまったので、どういうことなのだろう? とちょっと考えてしまっている。

先月、何故か急に思い立って日向のセカンドアルバム『夏の猫』を中古で購入していた。(この頃の作品は全部廃盤なので、中古でもいい値段する)
『夏の猫』は昔、その友人から「サラの犯罪ほどじゃないけど、こっちもいいよ」と言われていた。なのに28年間ちゃんと聴いてなかった。初期5作品の中でこれだけ家にCDが無くずっと気持ち悪かったのは確かで、夏の猫を買ったときは最後のピースがはまって安心したような気分になっていた。(もちろん内容も素晴らしい。)

今になって思えば、これが最後の縁だったのかもしれない。
友人が安らかに眠れるよう、この音楽で静かに見送りたいと思う。。
c0103149_17182498.jpg

# by cubicjams | 2015-04-28 17:18 | オンガク  

入学式

c0103149_13381620.jpg

@立教新座高校

1963年にアントニ・レーモンドが建てたチャペルでの式典だった。
(教会は狭いので保護者には教室でビデオ中継。)
ライトの弟子だったレーモンドだが、この空に向かったアーチ状のデザインや壁の穴などはライトというよりコルビジェ的なニュアンスのようにも思う。

c0103149_13385540.jpg


鐘の音、パイプオルガン、賛美歌、祈り。。
しばらくこういったものに触れる機会がなかったが、たまにはいいものだな、と。
少し心が澄んだような感じになる。

校長の話も聞けた
ここの校長は2年前の震災直後に、高三卒業生に宛てたメッセージが一時ネットで話題になった
http://niiza.rikkyo.ac.jp/news/2011/03/8549/
決して雄弁だったりスマートだったりではないが、力強く、彼の深い人間性が表れたいいメッセージだったと思う。この学校がいいかな、と思った理由の一つでもある


さて。

どんな3年間になるかな。

身長は追いつかれる気がする。

# by cubicjams | 2013-04-09 00:22 | フツウの日記  

シトロエンC6


c0103149_1536217.jpg


先日、愛車C6に最後のお別れをしてきました。
走行中の突然のトラブルから3ヶ月。
エンジンに致命的な損傷があって、いろいろ検討したのですが修理に莫大な金がかかるということで泣く泣く断念。。結局廃車にすることに決めました。
ある日突然乗れなくなってしまったので、精神的にも厳しかったのですが時間も経って気持ちの整理がつきつつあります。

c0103149_15444130.jpg


とにかく、素晴らしい車でした。
優雅で、落ち着きがあって。
「乗り味」という言葉がしっくりくる、唯一のフィーリングを持った車なのだと思います。
重くて大きい車体と、ハイドロ独特の揺らぎ、普段はゆったりしていますが、高速で
100km台後半に差し掛かると、とてつもない直進性を発揮してどこまでも突き進むかのように、空を飛んでいるかのように、走ってくれました。こんなに急に動かなくなると思っていなかったので、遠出もあまりしていなかったのですが、数少ないチャンスで味わったその感覚はちょっと人に伝えることが難しいほど、別の世界のモノでした。

c0103149_15401349.jpg

まだとても綺麗な状態ですが、今回は手放すことにします。
もう新車は手に入らない希少な車なので、街で見かける機会は(今でも滅多に会いませんが)ほとんど無くなるでしょう。いつまでもC6のことは忘れずにいようと思います。

そして懲りずにw、来年からまたフランス車に乗る事になりそうです。
フランス車はオシリのデザインがいいのです。
オシリは重要ですから。。

c0103149_15401747.jpg

# by cubicjams | 2012-12-26 15:50 | フツウの日記  

新生MOZOOSTUDIO

c0103149_185815100.jpg


ブログは久しぶり。
前の書き込みから1年以上経ってしまった。。。

その間、いろいろありすぎですね。
まず、大井埠頭コイケ倉庫からの撤収を決めました。
次は一気に青山にしよう! と決めていたので、表参道などの物件をたくさん探して、最終的に青山一丁目の2つの物件を同時に借りました。

一つはオフィス、一つは新しいスタジオにしました。
昔の倉庫は、何ヶ月もかけてほとんどの物を撤去しました。

物件探しと前の場所の撤収、新しいところの設計、工事監理、契約、引越、セッティング、、、
よく乗り切ったなぁ、と我ながら感心。。

物件は完全なスケルトン貸しでしたので、排水や電気設備のことから全てゼロからのスタート。
設計はいつものように苑設計計画(竹原園子+真治)です。
出来るだけスッキリした空間にして、広さと高さを最大限に生かすように考えられています。

c0103149_8294667.jpg

c0103149_831468.jpg

c0103149_832894.jpg

c0103149_832214.jpg

c0103149_8323525.jpg

c0103149_8324668.jpg



新しいスタジオの名前は "MOZOOSTUDIO" 。

最も都心にある次世代のモーションキャプチャスタジオを作り上げて行こうと思っています。


MOZOOSTUDIO ホームページ
http://mozoostudio.com/
c0103149_1055476.png

# by cubicjams | 2012-11-04 10:00 | デザイン  

もうすぐ7年

c0103149_20342381.jpg


大きな撮影が一つ、終わりました。
10日分の香盤を18日間の中に詰め込んだので結構な密度でしたね。

今回はキャスティングから絡ませてもらいましたが、結果的に凄く良い役者さんの組み合わせが実現できたと思います。現場はいつもいい雰囲気でしたし、なかなか近年稀に見る内容の濃い収録でありました。
個人的な話では、撮影前に買った卓上丸ノコが大道具制作に大いに役に立ちまして、なんでもっと早く買っておかなかったのか、と。。。


スタジオを作った側からすると、こうしていろいろな才能の人が集まり、いろいろな技術を使い、生の演技を収録するライブ感、緊張感もありつつ、何か一つの大きな仕事が成立しているのを見るのは感慨深いものがあります。

出来るのかなぁ〜?と思いながら続けてきましたが、ほんとに出来ていて不思議、という感じ。

そうやって、今月16日で設立7年を迎えます。


あ、、、
16日は締め切りの日では。。。

# by cubicjams | 2011-09-10 20:59 | シゴト  

ブログ

どうも最近、ブログを書いたり写真をアップしたりする意味があまりなくなってきた、というか、身の周りのことがある意味「大きな」ことが多くなってきて、こういう場に書くようなことがなかなか難しくなった、という感じがしてきてます。

なのでここはキッパリと、やめればよいのですが、、、


でもちょうど今日現場でブログの話が出たので、久しぶりに自分のページに訪れてみました。

よく考えてみれば「ホームページ」という何だか得体の知れないものを見よう見まねで作ったのはもう15年ぐらい前でしょうか。当時はひたすらhtmlの手入力で、フレーム表示すらできず、gifアニメを貼付けてはいちいち感動してたものでした。
今はなんと簡単なこと。。。

せっかくその頃からずっと続けてるので、マイペースでやっていければよいのかなと考えなおして早速写真をアップしました。

c0103149_0293799.jpg

やっと来たTruck Furnitureの机と椅子。
椅子は注文してから3ヶ月、机に至ってはなんと6ヶ月後に到着!
ここの家具がすばらしいのは言うまでもないのですが、何と言ってもこの店の凄いところは、最初に半金を入金して(しかも実物も見ずにネット注文で)、6ヶ月もの間客を待たせるという、そのウムを言わせないスタイルにあります。(いい意味で。)

クリエーターとしては、こうでありたい。。。

ウチの業界じゃ、無理だ。


c0103149_0295918.jpg

机はナラ材。
”木割れ”もしっかりあります。
いいプロポーションと素材感です。


c0103149_1543992.jpg

あえて雑然としたダイニング。
仮の暗幕が残念な感じですが。。
そこはいずれ。

c0103149_0301087.jpg

ついでの写真。
両方とも木で出来てる。
意外とこの鳥がかわいい。

# by cubicjams | 2011-08-27 02:04 |  


木を一本買ってみた。

c0103149_15434811.jpg


家の外の植物は、店で気に入ったものを一つずつ買うことにしている。
だからうちの庭には植物がまだちょっとしか無い。


木1本でも、こんなに存在感がある。
植物は不思議


c0103149_15441341.jpg


ラベンダーはもう終わりの時期。

カーテン越しで少し、切なく見える

# by cubicjams | 2011-07-16 19:04 | フツウの日記  

復旧、復興へ

c0103149_2312179.jpg

3.11から約1ヶ月が経ったようです。

・・・続き

# by cubicjams | 2011-04-09 23:57 | フツウの日記  

謹賀新年2011 & 自宅落成

c0103149_20355255.jpg

あけましておめでとうございます。

・・・続き

# by cubicjams | 2011-01-01 21:11 |  

みつろう

最近の出来事

先日、敬愛するミュージシャンの深町純が亡くなった。
日本が誇る偉大なシンセサイザープレイヤーでもある。
深町さんのプレイは官能的かつ情熱的で、知性があり変態でもあり、、
なんだかたまに無性に聴きたくなる「毒性」を持っていた。ジャズやフュージョンという
西洋ベースのジャンルの音楽でありながら、日本人独特の情緒が感じられるのも深町さんの不思議な魅力だった。
その不思議な表現力を、今まで何曲もコピーさせてもらいながら、学ばせてもらった。

数年前、初めて生のライブを見た。
とても人間的で、素晴らしい音楽家だと思った。
意を決して、「KEEPの頃からの大ファンです・・・」と言って、握手をしてもらった。
握手してもらって、よかった。
この日のことは、昔のブログにも書いたっけ。
http://mozooinc.exblog.jp/6199331/
64歳、早すぎだと思う。
ライブをもう一度見に行かなかったことを、一生後悔しそうだ。
ご冥福をお祈りします。


--

さて、自宅のほうは無事に役所の検査も終了しました。
あとは外構の工事が少しだけ。
引越しの準備も大変なのですが、自分たちには「床のワックス塗り」の仕事が残っています。
床は全て無塗装の無垢材なのですが、さすがにこのままでは汚れてしまうので、「みつろう」という油を塗ります。

c0103149_0258.jpg


・・・続き

# by cubicjams | 2010-12-06 00:08 |  

外壁お目見え

最近の出来事

・久しぶりに美容室STRAMAへ。
社長はフランスで家具の買付もやっていて、たまに売ってもらいます。
鉄製ベンチを仕入れたらしいので、是非是非とか、そんな話を。
髪も切って、家具も買えるw

お店のopenと、mozooの立ち上げはほぼ同時期でした。
もう6年経つんですね。。
お互い頑張っていきたいです。


* * * *
c0103149_17393438.jpg

ついに足場が外れて、外側の様子がわかるようになりました。

・・・続き

# by cubicjams | 2010-11-13 18:00 |  

マテリアル

最近の出来事

・恵比寿"ミニ"オフィスが今週から稼動しています。
建築家の竹山聖さんデザインのマンションです。
East plus 007 
僕は常駐しないですが、新しい環境が増えてちょっと嬉しいです。

・『超絶!ジャズ・ピアノ』(石井彰・著)という本を買いました。
こういう教則本関係は、買っても100%やらないくせに買うのです。
でもこの本、練習曲が結構いい曲でなかなか良さげです。
まだまだ、覚えることたくさんあるなぁ。。。

------------

c0103149_13422016.jpg

さて、現場のほうは地下・1階部分の床張りがほぼ終わりました。
スチールサッシにガラスも入りました。
外壁も張り始めています。

・・・続き

# by cubicjams | 2010-10-09 08:17 |  

コンクリートの真実

最近あった出来事。

・久しぶりにMotionBuilderセミナーをやりました。
初めて(当時Filmbox)のセミナーをやったのはもう9年前!
いつまで出来ますかね?w

・恵比寿と渋谷の中間ぐらいのところに、ちっちゃいオフィスを借りました。
広さ10坪! スタジオの30分の1です。
オフィスの名前は、「mini mozoo」、かな。。   ミニモ?

制作スタッフが5、6人入る予定です。

------

さて、現場は結構進んでしまっているのですが、ちょっとコンクリートの話を振り返ります。
コンクリートと言えば、菊川怜さんですかね??
彼女の文献も読んでみたいです。

・・・続き

# by cubicjams | 2010-09-25 08:45 |  

これは一体・・・


c0103149_0533040.jpg

地下・1階部分の型枠が外れました。

More

# by cubicjams | 2010-09-03 01:01 |  

ジョウトウ

先週ですが、山下達郎のライブに宇都宮まで行ってきました。
御年57歳、気力・実力ともに素晴らしいライブでありました。
思えば最初に達郎にのめり込んだのは高校1年の時。
あれから28年、ただの懐メロ・懐ミュージシャンではなく、現役バリバリの音楽人としてのライブをしていることに感激した次第です。
いつまでも精進、精進です。僕も頑張りたいと思います。

* * * * *

さてだいぶ更新しておりませんでしたが、この間に我が家の現場のほうは順調に進んでしまいまして、最大の難関であった1階部分のコンクリート打設も無事終了、2階部分の木造もあっという間に進み、もう上棟まで終わってしまいました。
ブログさぼると駄目ですねぇ・・・。

c0103149_472871.jpg


More

# by cubicjams | 2010-08-18 04:13 |